シンデレラビューティ代表 小野塚理恵ブログ

スタッフブログ

ホーム > ビューティコラム

ビューティコラム

Archive for 12月, 2015

【生活習慣病予防には・・?】

水曜日, 12月 30th, 2015

【生活習慣病予防には・・?】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は生活習慣の要望に繋がる食材に関してお届け致します!
 
美容食品としても注目されているその食材とは・・「ゴマ」!ゴマには現代人に不足しがちな亜鉛等の金属が含まれています。それを、微量金属と言います。これは、人体に少量含まれているミネラルの事で魚、海藻類、根菜、貝類等に含まれています。亜鉛とは細胞を作る為のたんぱく質や核酸を合成するのに大切なものです。皮膚の生成は勿論ですが、コラーゲンの生成にも欠く事の出来ないものです。亜鉛は、ゴマ以外にもカキやレバー、改造類等に含まれていますが、私達が日常口にする食品添加物であるポリリン酸は亜鉛を体外に排出してしまう作用があるので、ご注意を!
お正月のお料理にゴマを使ったものを1品加えてみるのも良いのではないでしょうか♪
2015年もご覧くださり有難うございました!

【冷えのサイン】

火曜日, 12月 29th, 2015

【冷えのサイン】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は冷えのサインに関してお届け致します!
 
どこで確認をするのかというと・・「ふくらはぎ」が確認しやすい場所です。健康的なふくらはぎは、弾力がありつきたての御餅のように柔らかいです。腎臓が弱っていると、弾力を失いフニャフニャになりやすいです。このように様々なサインをだしてくれているのがふくらはぎです。ふくらはぎがムクミやすい人は、血液の流れが悪く血栓が出来やすい体質です。下記のふくらはぎの状態で健康状態をチェックしてみて下さい♪
◆熱をもっていて硬い→高血圧
◆熱をもっているけど硬さはない→急性炎症 風邪等
◆冷たくて硬い→冷え性・婦人病・自律神経失調症
◆冷たくて柔らかい→糖尿病

【危険な冷えにご用心】

月曜日, 12月 28th, 2015

【危険な冷えにご用心】
 
皆様!こんにちは!
 
年末忙しくなっている事と思います!
 
忙しくしている時にこそ気を付けたい「冷え」に関してお届け致します!
血液は人体の60兆個もの細胞に酸素や栄養素を届け、不要な老廃物を回収しています。しかし、血液が巡らない身体はとても冷え衰えてしまいます。パソコンやテレビの前にじっとしている日常。睡眠不足・冷たい飲み物・鎮痛剤・ステロイド・精神安定剤などの化学薬品の使用。これらが血液の巡りを滞らせ身体を冷やす原因になります。現代人は平熱が36度に満たない方がとても増えています。「冷え」の為に病と闘う免疫力が低くなり自律神経が乱れ、気温等の変動にも対応できる力が弱くなりホルモンバランスの乱れも多くなります。また、代謝が悪い事で、浮腫みやシミ等お肌にも影響がでてきます!
次回は冷えのサインに関してお届け致します!

【ストレスと肌荒れの関係】

金曜日, 12月 25th, 2015

【ストレスと肌荒れの関係】
 
皆様!こんにちは!
 
本日はストレスと肌荒れの関係についてお届け致します♪
 
納がストレスを感知すると、その情報が脳下垂体のホルモンや副腎皮質からの糖質分泌を促進します。そうすると何が起きるでしょう・・・まず、血管の収縮が起こり心臓に血液が集中し皮膚が青白くなります。また、ストレスが多くかかると皮膚のバリア機能が低下をすると言われています。よって、この状態が長く続くと肌荒れを起こす要因となります。そして、ストレスは皮膚の炎症にも繋がっており、皮膚の血管拡張やムクミの要因にもなります。表皮という一番外側にある部分まで伸びている神経線維がストレスを感知し神経の情報を伝える為の物質を多く放出すると、前記のような症状がみられます。
身体が大きくストレスを抱えている際に肌荒れを起こしてしまう要因はお分かり頂けましたでしょうか?ストレスと一言でいっても様々な要因がございますが、溜めてしまうのではなく・・お風呂でリラックスをしたり、誰かと話をしたり、発散方法をみつけておく事もよいでしょう。また、サプリメントでストレスに負けない身体作りをする事も対策の1つです!

【毛の色々♪】

水曜日, 12月 23rd, 2015

【毛の色々♪】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は毛に関してお届け致します!
 
毛は軟毛と硬毛に分類する事が出来ます。軟毛とは全身を覆っているうぶ毛の事をさし、硬毛は頭髪や眉毛等をさします。
 
毛は常に伸び続けるわけではなく、成長期と休止期が周期としておとずれ、毛が抜け落ちた毛包からまた新しく毛が伸びる、という事が繰り返されます。毛が成長する為の栄養素は毛の根っこである毛乳頭という部分にある血管からとります。毛周期の繰り返しにより血管が一緒に消滅する、という事もありますが比較的簡単に再生を致します!
髪は女の命、という言葉もある位、女性にとって髪の毛は大切なものです。髪の毛を美しく生き生きとした状態を保つ為にも、内側の栄養が大切になります。お肌も根本に栄養を与えないと意味がないのと同様で、髪の毛も私達が何を摂取するか、そして血流をよくする事等で変化がみえます。美にとって、私達が何を取り入れるかはとても重要な要素です♪日々、楽しく美味しい食事を心がけましょう!

【ちょっと珍しい食材】

火曜日, 12月 22nd, 2015

【ちょっと珍しい食材】
 
皆様!こんにちは!
 
本日はちょっと珍しい食材に関してお届け致します!
 
最近は様々な食材が簡単に手に入るようになりました♪お料理にちょっと加える事で、グンとおしゃれに美味しくなる食材をお届け致します♪
チャイブというお野菜ご存意ですか?見かけは「あさつき」に似ていますが「あさつき」やねぎ程、香りは強くありません。刻んでお料理の上にのせてあげると彩豊になりますよ。フランス語ではシブレットと呼ばれています。
ディルという香菜は、マヨネーズやドレッシングに混ぜて使うと香り高く、魚料理にあわせると生臭さや脂っこさを消しとっても爽やかな風味になります!
 
お料理に一工夫をすると、いつもと違う雰囲気になり更に美味しく頂けるかもしれませんね♪

【鼻の赤みは何故でるの??】

月曜日, 12月 21st, 2015

【鼻の赤みは何故でるの??】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は鼻や頬の赤みに関してお届け致します!
 
顔面中央の突起(鼻・頬等)している部分を中心に、赤みを帯びたり、毛細血管の拡張がおきたりする疾患の事をシュサと言います。その際に、ニキビ等も生じる事があります。鼻がよく赤くなる方で吹き出物かも・・とお悩みの場合、シュサである事も考えられます。ニキビの場合には、皮脂分泌の亢進や皮脂の貯留や角化異常等が要因としてあげられますが、シュサの原因は未だ解明されていません。ニキビとの大きな違いは、コメド(ニキビの要因)を持つか持たないか!ニキビは必ず、コメドが存在しますがシュサの場合は存在しません。顔のほてりや紅斑、毛細血管等はシュサに見られる傾向です。
寒いから赤いのかな・・と思っていたものがシュサである事も考えられます。30~50代に好発する傾向がございますので、ご心配な方はご相談下さいませ♪

【水分保持の決め手!】

金曜日, 12月 18th, 2015

【水分保持の決め手!】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は角質層の水分保持に関してお届け致します♪
 
角質層が水分を保つ為に必要な3つの要因は、前回お届け致しました!その中で、特に重要な働きをしていると注目されている細胞間脂質に注目してみましょう。
健康な皮膚は平均して15~20%の水分が保たれています。これには、保湿成分であるNMFと細胞間脂質のバランスが重要になります。NMFは水分を保つ因子ですが、それを外に出さないように挟んでいるのが細胞間脂質です。なので、細胞間脂質で水分の浮遊を防いでいるから、水分が蒸発せずに健康な状態が保たれているのです。
乾燥や紫外線、ストレス等様々な要因で角質層の水分が減少すると、肌荒れを起こしやすくなります。適切なスキンケアの継続により素肌を乾燥から守りましょう!

【皮膚の美しさを決める保水力】

水曜日, 12月 16th, 2015

【皮膚の美しさを決める保水力】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は保水力に関してお届け致します!
 
保水力と重要な関係がある部分は角質層です。この角質層の水分保持力が皮膚の美しさを決める重要な役割になります。角質層が潤いを保つ為に必要な要素は、皮脂膜・NMF・細胞間脂質の3つになります。
 
・皮脂膜
皮脂腺から排出された皮脂が皮膚表面を膜状になって覆っているもの。表面の水分蒸発を防ぎ肌を弱酸性に保ちます。
・NMF
角質細胞内の保湿成分。
・細胞間脂質
角質細胞間をうめている脂質。水分の蒸発を防ぎ外的刺激からの防御も行います。
 
この3つの要素がきちんとお仕事をしてくれていると、私達の皮膚表面は水分が保たれ潤った状態が続くのです。
次回はもう少し詳しくお届け致します!

【自分自身をプロデュース!】

火曜日, 12月 15th, 2015

【自分自身をプロデュース!】
 
皆様!こんにちは!
 
女性のもっている華に関して本日はお届け致します!
 
その人がそこにいるだけで、華やいだり明るくなったり・・素敵だなと思う女性いますよね!そんな人になりたいな・・と思っている皆様必見♪華のある女性になる方法とは・・
 
まず・・暗い顔は絶対にしない事♪落ち込んでしまう時もあるけれど・いつも笑顔を心がけましょう。これだけで華やかな雰囲気になります!
 
そして・・綺麗な色の服を着ましょう♪ダークカラーも素敵ですが、華やかな色を着用する事で心も明るくなり周りの雰囲気と少し違った印象に!
華やかというのは、だれかがしてくれるわけではなく自身で自身をプロデュースして成立します。背伸びするのではなく、内面・外面共に心地よいバランスを持つ事が大切です♪