シンデレラビューティ代表 小野塚理恵ブログ

スタッフブログ

ホーム > ビューティコラム

ビューティコラム

Archive for 5月, 2016

【汗が出なくなると・・】

火曜日, 5月 31st, 2016

【汗が出なくなると・・】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は汗が出なくなると起こる皮膚炎に関してお届け致します!
 
前回お届け致しましたが、エクリン汗腺は約300万個存在します。この数が決定するのは、生後3年位の間にどのような環境で育つかにより変動すると言われています。汗をかく能力はひとそれぞれ異なりますが、エクリン汗腺を全部集めると訳100g位の重さになり腎臓1つ分位の水処理機能があると言われています。汗をかく量は人それぞれですが、体力がある方は1日に6ℓもの汗をかける人もいるようです!気温の変化により、体温調節をする為エクリン汗腺より汗がでてきます。体温を調整する機能は、年齢を重ねても備わっている機能であり四季の変化により汗をかいて調整を行います。脂質の分泌に関し、50歳以上になると四季による大きな変動はない為、皮脂欠乏症等の乾燥する時期に発症する湿疹等は、汗をかく機能が低下をしたからこそ起こっているものと考える事が出来ます。
 
汗をかく機能を高めておく事は、皮膚疾患の予防にもなりますね!イオン導入は、皮膚の持つ機能を高める事に重点をおいています。本来の働きを取り戻す事は、素肌力の向上です!

【汗が出る場所】

月曜日, 5月 30th, 2016

【汗が出る場所】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は汗腺に関してお届け致します!
 
汗は2種類の汗腺から分泌されています。私達がよく感じる汗は、エクリン汗腺という部分からでています。人体のほとんどに存在するエクリン汗腺は、アポクリン汗腺と異なり独自の汗口をもっています。アポクリン汗腺は毛管の中に分泌され、排出されます。エクリン汗腺は人間の進化と共にできたものなので、他の動物はアポクリン汗腺のみです。人間がもつエクリン汗腺は約300万個と言われています。エクリン汗腺から排出される汗と角質層により、私達は体温調整を行っています!
 
汗をかくのにも勿論理由があり、それぞれが役割を果たしているのです!
次回も汗に関してお届け致します!

【お顔の赤みが気になります!】

金曜日, 5月 27th, 2016

【お顔の赤みが気になります!】
 
皆様!こんにちは!
 
本日はお顔の赤みに(毛細血管)関してお届け致します!
 
体質や紫外線等の影響により、毛細血管の拡張が生じると言われていますが同じ部位に摩擦を繰り返す事でも毛細血管の拡張が起こります。特に皮膚が薄く敏感傾向が強い方、アトピー・アレルギー肌の人等も毛細血管の拡張を招きやすいといえます。また、毛細血管拡張が生じている部位は、外的刺激を多く受けている部分でもあるのでメラニンの過剰分泌が起こり、色素沈着が起こりやすいと言えます。毛細血管が多く見られる時には、摩擦や刺激を皮膚に与えない事が重要になります。特に洗顔やメイク時には注意をしてください。
 
勿論日焼けにもご注意です!

【SPFとは??】

水曜日, 5月 25th, 2016

【SPFとは??】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は夏によく耳にするSPFに関してお届け致します!SPFとは、サンプロテクションファクターの略語で、エスピーエフと呼びます。Sunは太陽、Protectionは防止、Factorは指数の意味で、サンバーンをどれくらい防止できるかという目安の数値です。サンバーンとは、UVBを浴びた時におきる皮膚の炎症の事です!よって、SPFとは、UVBをどの位の時間防止できるかの数値になります!もう1つ、PAという表記も目にした事ありませんか?PAはプロテクショングレードオブUVAの略語で、ピーエーと呼びます。これは、その名の通りUVAの防止効果を表しています。+(ワンプラス)、++(ツープラス)、+++(スリープラス)の表記おあり、これは防止の程度を表しています。+が多い程、働きが強くなります!
 
お化粧品を選ぶときに目にする特定の表記も、意味が分かるとわかりやすいですね!

【紫外線が肌に与える影響!】

火曜日, 5月 24th, 2016

【紫外線が肌に与える影響!】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は紫外線がどのように肌に影響を出しているのかお届け致します!
 
■UVA
UVAは表皮にあるメラノサイトに働きかけメラニン色素の生成を促し、数日後に皮膚を黒化させるサンタンという症状があります!UVAはUVBと異なり、その大部分がガラスを透過したり、空全体が雲で覆われている場合でもかなりの部分が地表に到達するという特徴があります!その為、日常生活の中で徐々に皮膚に障害を及ぼし続けると考えられます。また、UVAは表皮より下の真皮深くまで浸透し、長時間浴びると肌のハリや弾力が失われる原因になります!
 
■UVB
UVBは、短時間で肌に紅斑や浮腫等の炎症(サンバーン)を起こさせ、その後皮膚に色素沈着を起こす作用があります。繰り返しUVBを浴びてしまうと、皮膚老化を促進し皮膚がんの誘発にも繋がります!
 
次回は日焼け止めを購入する時によく見る、SPFに関してお届け致します!

【紫外線の種類】

月曜日, 5月 23rd, 2016

【紫外線の種類】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は紫外線に関してお届け致します!
 
太陽光線には、紫外線・可視光線・赤外線があり、それぞれが波長により区別されます。可視光線は目に見える光線であり、紫から赤色まで波長にして400nmから780nmです。紫外線は可視光線の紫よりさらに短い光線という意味でUV(UltraViolet)と略され、長波長紫外線UVA・中波長紫外線UVB・短波長紫外線UVCに分けられます!
 
紫外線という中には、3種類ありそれぞれ肌に与える影響も異なります!
 
次回は、紫外線が肌に与える影響に関してお届け致します!

【気になる口臭の原因は??】

金曜日, 5月 13th, 2016

【気になる口臭の原因は??】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は、口臭に関してお届け致します!
 
にんにくやチーズ等、臭いの強いものや服用中の薬等が原因で口臭となる事があります。しかし、そういった原因以外の口臭の大部分は、口内の細菌がもたらすものです。虫歯や歯肉炎等の症状がある場合も要注意!このような異常がない場合でも、歯石や舌苔のお掃除で口臭は改善されます。呼吸器系や胃腸の異常により、口臭が発生する場合もありますが、口の中が乾燥すると口臭の原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。お口の中を乾燥させない事も、口臭予防には大切です!!

【筋肉が衰えると??】

水曜日, 5月 11th, 2016

【筋肉が衰えると??】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は筋肉の衰えに関してお届け致します!
 
筋肉が衰えると・・様々な部分に支障がでてきますー!姿勢が悪くなると腰痛や肩こり・・なぜこの痛みが出てくるのかというと。お尻の大臀筋は私達が直立する際に必要な筋肉!この筋肉が細くなったりすると、正しく立てなくなります。骨盤の角度が前傾しそれをカバーしようと背骨が曲がり、肋骨や首が前に出てバランスが悪いので膝も曲がってしまいます。魔のスパイラルですー!姿勢が悪いとたっているだけでも疲労し、体を動かす事がおっくうになるので益々筋肉を使う事が少なくなり、衰えるという悪循環が発生します。そして、筋肉が萎縮したままだと乳酸等の疲労物質が筋肉内に溜まり、新鮮な酸素や糖質が筋肉中の血管に入る事が出来ず、代謝が悪くなるという困った事が起こります(><)
 
筋肉を頑丈に鍛えるという事ではなく、衰えないように気をつける事はとても大切ですね!

【筋肉の種類??】

火曜日, 5月 10th, 2016

【筋肉の種類??】
 
皆様!こんにちは♪
 
本日も前回に続き、筋肉に関してお届け致します♪
 
筋肉、といっても大きくわけて2つにわかれる事ご存じですか?一つ目は大きくて太い速筋という筋肉。これは収縮が得意な筋肉なので大きなパワーを生み出します!しかし、疲れやすい事もあるので要注意!もう一つは遅筋と呼ばれる、ゆっくりと収縮する小さな筋肉。発するパワーは小さいですが、疲れにくく持久力に優れています。この筋肉のエネルギー源は異なります。速筋は糖質をエネルギーに変え、重い物等を持ち上げる時に活躍します。遅筋は酸素を含みながら糖質や脂肪をネベルギーに変え利用しており、ウォーキングやジョギングの際に使われているのがこちらの筋肉です。このように筋肉の働きにも色々あります。速筋を鍛える方がよさそうにみえますが・・糖質がエネルギーとして変化する際に乳酸という疲労物質がたまりやすく、遅筋に比べ柔軟性が劣るので筋肉が故障する可能性が高いです。ジム等のマシーンで膝を壊してしまったりするのは、主に速筋が活躍してしまう為なのでございます!

【筋肉は衰える?!】

月曜日, 5月 9th, 2016

【筋肉は衰える?!】
 
皆様!こんにちは!
 
本日は筋肉に関してお届け致します!
 
加齢により、筋肉が落ちていくのは仕方のない事と思われがちですが・・筋肉は筋線維という細胞の集合でできておりこの線維の数は基本的に大きく変化はしません。免疫細胞等は25歳以降減少傾向にありますが、筋線維はほぼかわりません。筋肉を構成する量は加齢に左右されませんが、鍛えた筋肉は維持されていない!これははたしてどういう事でしょう!これは・・筋線維は減っていなくても体を動かす習慣が減ると筋肉の太さが変わってしまう・・からなのです。筋肉の強さは筋肉の太さに応じます(^^)
よく使う筋肉は運動量に対応し収縮と弛緩を繰り返し太くなります。しかし、何も刺激を与えないと筋肉は痩せ衰えてしまうのです。細胞の数は減りませんが、個々が細くなり筋力が落ちてしまうのです(><)
 
筋肉は年齢ではなく、日常生活により大きく変わります。寝たきりになると、それ以降筋力は1日に5%ずつも低下していくと言われています!日々の適度な運動は、私達の健康や美肌の元になりますね♪