シンデレラビューティ代表 小野塚理恵ブログ

スタッフブログ

ホーム > ビューティコラム

ビューティコラム

Archive for 6月, 2016

【生理中・・お腹がくだってしまうのは何故?】

金曜日, 6月 24th, 2016

【生理中・・お腹がくだってしまうのは何故?】
 
皆様!こんにちは!
本日は女性の生理に関してお届致します!
 
生理前から生理中にかけて急に、お腹がくだるー!なんて悩まされた事はありませんか?これは女性ホルモンの分泌サイクルの影響で起こります。通常、排卵から生理までの期間は、黄体ホルモンが多く分泌されます。黄体期はいわば妊娠の準備期間となりますので、子宮の収縮をおさえるはたらきをします。これにより、便秘をしてしまう女性も・・・。しかし、黄体ホルモンの分泌は生理前になると減るので、抑えられていた腸のはたらきが活発になり便通がよくなるのです!これが、お腹が下ってしまう理由です。月経時にはたらく、プロスタグランジンというホルモンは子宮を収縮させるのと同時に、腸を活発に動かしたり血管の壁を収縮させたりする働きがあるので、よりお腹を下しやすくなります。プロスタグランジンの分泌量が多いほど、腸が過剰に刺激されてしまいますが経血の排出を促すのが目的のホルモンなので、排出がスムーズに進めばたくさん分泌されることはなくなります。なので、お腹をよく温め流をスムーズに血行を促す事が予防に繋がります!

【ふくらはぎチェック!】

水曜日, 6月 22nd, 2016

【ふくらはぎチェック!】
 
皆様!こんにちは!
本日はふくらはぎに関してお届け致します♪
 
ふくらはぎは全身の流れをつかさどるポンプの役割をしているとも言われている部分です!女性の浮腫み等の悩みに切実な部分であります。筋肉が伸び縮みすることで、血行がよくなりリンパの流れを良くしてくれています。身体を支える土台でもあるふくらはぎ、よくチェックしてみて下さい。気になる部分なので、脚を隠してしまっている人が多いです。そうすると膝や足首を意識する機会が少なくなり、動かし方にまでは気がまわりません!その為、膝をまげたまま歩いていたり・・足首をあまり使う事なく歩いていたり・・どのような癖があるのかも、あまりわかりません。まずは、ご自身の足の形を良く確認しどのような癖をもって日々を過ごしているのか確認してみてください!歩く時のかかとの向きにより、ふくらはぎにつく筋肉の向きが変わります。筋肉が外広がりになっていたら、かかとを内側にする等、日常的な姿勢を見直してふくらはぎをまっすぐ活発に変えていきましょう!

【青魚のすっごい働き!】

火曜日, 6月 21st, 2016

【青魚のすっごい働き!】
 
皆様!こんにちは!
本日は青魚の油に関してお届け致します!
 
EPA・DHAという言葉・・お聞きになった事ありますか?これは、イアワシやサバカツオ等から抽出した油です。動物性の脂肪はとても固まりやすいのですが、魚は水中に生息し低温の中で生きているのでマイナス45度になるまで脂肪が固まらずに生きていられると言われています。これは、前回お届けしました多価不飽和脂肪酸の1種です。血液サラサラ効果が判明しており、血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあります!※詳しくは前回のコラムをご参照くださいませ!
私達の皮膚にとって嬉しい働きをしてくれるEPA・DHAは保水力をUPしてくれます!これからの季節は特に保水力を上げ、紫外線の予防もしたいですね♪お食事の際に、青魚と一緒に酸化防止のビタミンCやベータカロテンもあわせて摂取するとより良いですね!

【コレステロールは悪者ではありません!】

月曜日, 6月 20th, 2016

【コレステロールは悪者ではありません!】
 
皆様!こんにちは!
本日はコレステロールに関してお届け致します!
 
「コレステロール」と聞くと・・・ダイエットの敵!のようなイメージありませんか?でも、コレステロールは私達の体を作る上でなくてはならない脂肪の一種です。肝臓や腸で合成されるコレステロールは、私達の構成をしている細胞の膜をつくってくれています。この、細胞膜を強く保つにはコレステロールが必須になります。皮膚を保護する皮脂膜を形成する、皮脂の中にもコレステロールは含まれています。ここまでのコレステロールの働きは、悪者イメージありませんよね!では、何故あまり良いイメージがないのでしょう?
コレステロールは結合したものにより物質的変化が起こり、体への影響が変わります。多価不飽和脂肪酸(オリーブオイル・鯖・マグロ等)を摂取すると、善玉コレステロールの割合が増え粘着性が低くなり、血液のコレステロール濃度も低くなります。しかし!!!ここからがポイントです!逆に、飽和脂肪酸(バター、ラード、牛脂等)と結合し悪玉コレステロールが増えると、粘着性は高まり血液の濃度も高まり動脈硬化等が進行します!このように・・結合する物質により働きが異なるコレステロール・・悪い部分のみがフォーカスされがちですが、良い事も沢山してくれるので!摂取を抑える事ばかりに気を取られないでくださいませー!

【毛の異なり】

金曜日, 6月 17th, 2016

【毛の異なり】
 
皆様!こんにちは!
本日は髪の毛に関してお届け致します!
 
人により、毛の質や色が異なります。これは、人種による違いが多いですが住んでいる場所(生まれた環境)によっても異なりがあります。日差しの強い国の方々は、髪の毛が固く頭皮を守る為にコイル状になっています。頭皮を直射日光から防ぐ為!ほほう、と納得しますよね。人はその場で生き抜く為の術を、色々なところで身に付けているのです。また、眉毛やまつ毛も同様に、異なります。食べ物やもともとの遺伝子等により変化がありますが、環境によっても異なりがあるのです。つまり、人間はその場その場で順応するように体が変化していく、という事です。なので、私達はもっと自分の体を信じて存分に人生を楽しむ事が健康の秘訣なのかもしれません(^^)

【人には言えない頭皮の臭い】

水曜日, 6月 15th, 2016

【人には言えない頭皮の臭い】
 
皆様!こんにちは!
本日は・・「実は悩んでる!」頭皮の臭いに関してお届け致します!
 
頭皮の臭い・・気になった事ありませんか?特に汗を多くかく夏場は気になる方も多いのではないでしょうか!頭皮の臭いの原因は、特に皮脂汚れ。毎日シャンプーをしてるのに・・と想いがちですが、その皮脂汚れがきちんと落ちていなかったらどうでしょう?ぞっとしませんか?毎日汗をかいたり、油の排出があるのにそれが残っている頭皮(><)
もちろん臭いが出て当然ですよね!洋服等でも汗や油の汚れが残っていると、布自体に臭いが付着し異臭となってしまいます。まさか!この現象が皮膚にも!と思われた皆様、その通りです。頭皮は基本的に、汗や油を排出します。それにより毛髪や頭皮を守っているのですが、油分の多いシャンプー剤やセットする際の毛髪剤が頭皮に付着をしてしまったら、本来の頭皮の働きができません。よって働きが衰え、化粧品カスが頭皮に付着し酸化(古く)してしまう、という事が繰り返されていたら勿論、臭いに繋がります。良い匂いのシャンプー類ばかりに気をとられるのではなく、まずしっかり洗い流す!という事を意識してみてください!そうすると、臭いの変化に気が付くはずです!

【爪の変化と栄養不足】

水曜日, 6月 15th, 2016

【爪の変化と栄養不足】
 
皆様!こんにちは!
本日は、爪と栄養の関係に関してお届け致します!
 
爪に異常を感じた際にまず気にかけてあげたい事は、亜鉛や鉄等のミネラル不足です。爪に変化がでた際に、「病気かしら??」とびっくりしてしまいますが・・まずミネラル補給を行ってみて下さい。爪がもろくなったり、亀裂が入りやすくなった場合には健康状態も心配しましょう。爪は、毛髪と同様に角質の集まりです。爪に異常が見えた時には、毛にも変化がおきているはずです。抜け毛が増えたり、細くなったり、薄くなったり・・。冒頭で述べましたが、亜鉛が欠乏すると皮膚や爪、髪の毛等に症状が現れます。肌荒れ(カサツキ)や脱毛、爪の伸びが極端に遅い等々。私達の体は、色々なところで体の異変を知らせてくれています。そのSOSを見過ごさず、是非向き合い早期の解決致しましょう!

【毛の不思議】

月曜日, 6月 13th, 2016

【毛の不思議】
 
皆様!こんにちは!
本日は毛に関してお届け致します!
 
毛は大きくわけると2種類に分類されます。硬毛と軟毛です。硬毛は頭髪やまつ毛等、生まれた時に存在しているものと、わき毛や陰毛等成長過程によりしょうじてくるものとがございます。軟毛とは体の全体を覆っているうぶ毛の事をさします!毛は常に存在しているようですが・・・実際は抜け落ちて新しいものが生えてくる、という過程を繰り返しています。勿論!毛も栄養を受け取って成長をするので新しい毛が生えてくる時には、十分な栄養が必要になります。どこから栄養を受け取るのか・・というと毛を作る毛母という部分と血管がつながっており、そこから供給をするのです。なので、血行促進や頭を柔らかくしておく事は毛髪の成長に重要な事なのです。よく、「頭がこる」という言葉を聞きますが、そんな時には血行不良をおこしている事も考えられますので、やんわりほぐしてあげる事が大切です。マッサージ等でほぐす事も良いですが体全体を温める、という事も有効です。
 
シンデレラビューティーで行っている【よもぎ蒸し】は、香りのリラクゼーションと体の温め(血行不良の解消)で全身をほぐしてくれるのでオススメですよ♪

【ホルモンとフェロモン】

金曜日, 6月 10th, 2016

【ホルモンとフェロモン】
 
皆様!こんにちは!
本日は、ホルモンとフェロモンに関してお届け致します!
 
ホルモンに関し、前回までお届けしてまいりました。ホルモンとは、体内で生成し分泌されるものであり、自分自身に作用するものです。気持ちや体調等、ダイレクトに作用し調子の善し悪しがきまります。反対に、フェロモンとは体内で生成され、体外に放出されます。お色気ムンムン等、フェロモンの捉え方が一定の部分のみに見られがちですが、そうではなく虫が仲間をあつめたり、身の危険を感じられたり、このような感覚的なものがフェロモンの働きです。フェロモンは、自分ではない他の人に影響を与えるものです。このような違いがあるのです。ちょっとした豆知識♪覚えておくと面白いですね!

【女性ホルモンとお肌の関係】

水曜日, 6月 8th, 2016

【女性ホルモンとお肌の関係】
 
皆様!こんにちは!
本日は女性ホルモンとお肌に関してお届け致します!
 
女性ホルモンの分泌は寿命と直接的に関係しているわけではありません。しかし、骨の代謝が悪くなったり、お肌の重要成分であるヒアルロン酸やコラーゲンの生成量にも関係する事がわかっています。現代では、ホルモンの治療法等も行われてきています二次的治療が必要な発症がある場合も結果としてでているので、安易に取り入れるのは注意が必要です。女性ホルモンの活性には、やはり心も潤いが大切なのではないでしょうか。ワクワクする事や、ドキドキ(嬉しいときめきです)する事、毎日が潤う事はホルモンバランスも整えてくれます。病は気から、という言葉がありますが女性に嬉しいホルモン分泌には心の潤いが絶対に必要です!ホルモン活性の為に様々なサプリメントの摂取や治療も勿論ありますが、毎日が楽しく幸せな気持ちをぎゅっと抱えるような事をさがしてみるのも良いのではないでしょうか?