シンデレラビューティ代表 小野塚理恵ブログ

スタッフブログ

ホーム > ビューティコラム

ビューティコラム

Archive for 12月, 2016

【アルコールとお顔の赤み】

金曜日, 12月 30th, 2016

 
皆様!こんにちは!
 
本日はアルコールとお顔の赤みに関してお届け致します!
 
アルコールを摂取するとお顔が赤くなる方が多いです。
 
それは何故かというと、アセトアルデヒドが原因で、毛細血管が拡張されることで顔などが赤くなります。
さらに、アセトアルデヒドは交感神経を活発にするので、脈拍や血圧が上り、冷や汗や筋肉の緊張などの症状が起こるのです。
さらにアルコールは血流もよくするので、顔の赤さが更に増します!
 
また、その他の理由としてアルコールの分解速度も1つの要因となっているようです。
 
全くお酒が飲めない方は除いて、成人で体重1kg当たり1時間に0.1gのアルコール分解が行われます。20gのアルコールであれば約、3時間分解にかかります。
これは、あくまでもアルコール分解が行われる方の場合なので、ご自身が何型なのかはお調べの上、上手にお酒とお付き合い致しましょう♪

【お酒と体質】

水曜日, 12月 28th, 2016

皆様!こんにちは!
 
本日もお酒に関してお届け致します!
 
前回の復習になりますが、血中アセトアルデヒド濃度が低い時点から分解を行う強力な酵素であるALDH2型の方はお酒が強いという事になります!
これは、活性遺伝子といううまれもったものなので、変わる事はございません!
 
人類はもともとNN型と言われておりますが、時代が繰り返され様々な人種や混血が重なる事により変化を遂げてきたようです。
この型は、パッチテスト等で調べる事が出来ますのでご自身にあったお酒の飲み方をする為にも、1度調べてみるのも良いと思います!
 
◆NN型・・・・お酒が強い
◆ND型・・・・お酒が弱い・・NN型の16分の1の活性しかない遺伝子型
◆DD型・・・・全くのめない
※女性は、女性ホルモンが酵素の働きを抑制するため分解力が弱くなるといわれています。

【忘年会シーズン・お酒の分解力】

火曜日, 12月 27th, 2016

 
皆様!こんにちは!
 
今回より3回にわけてお酒の分解力に関してお届け致します!
 
忘年会シーズンとなり、アルコールを摂取する機会も多くなっているのではないでしょうか。飲み過ぎは勿論、注意ですがアルコール摂取したら分解してくれる2つの酵素が働きます。
 
★アルコールを分解する酵素
★アセトアルデヒドを分解する酵素
※アセトアルデヒドは、血液中のアルコールが肝臓の酵素(ADH)によって分解された代謝物質です。
 
アセトアルデヒドを分解する酵素は2種類に分かれており、この酵素の働き具合によりお酒の強い、弱いがわかれます。
 
☆ALDH1型・・・・血中アセトアルデヒド濃度が高くなってから作用が始まり、ゆっくり分解する酵素(やや弱い酵素)
☆ALDH2型・・・・血中アセトアルデヒド濃度が低い時点から作用する強力な酵素
 
日本人の約半数は、生まれつき☆ALDH2の活性が弱いか欠けていると言われています。その為、アルコール分解の際に発生するアセトアルデヒドを素早く分解できないため、少しのアルコールでも酔いやすく、お酒に弱い状態です。なので、ご自身でお酒が弱いなと感じる方は、アルコール分解が素早く出来ない体質かもしれませんので、どうぞご無理をされませんように!

【左右でお顔は異なる??】

月曜日, 12月 26th, 2016

 
皆様!こんにちは!
 
本日は私達の顔の不思議に関してお届け致します!
 
鏡を見て、左右の顔の異なり気になった事ありませんか?骨格等の理由は今回はおいておいて、左右で表情の在り方が違うのは脳と関係をしているのです。
 
顔の左半分はプライベートな顔、右半分はお仕事的(生活環境や人生の変化)な顔と言われています。
 
その為、素直な表情は左半分に注目するとわかりやすいですよ。
 
どんな仕組みかと言うと、顔の右半分は左脳的な冷静な表情が表れ、左半分には右脳的な柔らかな表情が表れます。右脳では感情をつかさどり、右脳の影響は体の左側に出ます。なので、左半顔は表情が豊かなのです。
 
女性で、左側の御顔を気に入っている方が多いのは、こんな理由があったのです。なので、好きな人と歩く時等は左の表情が見えるよう相手の右側に位置すると良いかもしれません♪
素直な嬉しい感情が美しく現れるのではないでしょうか(^^)

【就寝時の靴下は必要??】

金曜日, 12月 23rd, 2016

 
皆様!こんにちは!
 
本日は就寝時の靴下に関してお届け致します!
 
夜眠る際に寒いから靴下をはく事で温まる、とお考えの皆様、要注意です!
 
足先や指先等、冷えやすい末端部分を靴下で圧迫してしまうと毛細血管の血流が滞り、冷えに繋がります。寝ている時は起きて活動している時と違い足をほとんど動かさないので、足首・足先の圧迫には注意が必要です!
 
そして、汗をかきやすい足を靴下で覆ってしまうと水分の蒸発が滞り湿った状態が続くので逆に冷えを重ねてしまう原因にもなります。
 
就寝時に足元の寒さが気になる場合には、レッグウォーマー等で温めましょう!足の汗の心配もないので、圧迫だけには注意をしてゆっくりご就寝下さい♪

【首冷え解消入浴♪】

水曜日, 12月 21st, 2016

皆様!こんにちは!
 
本日は首を温める入浴法をお届け致します!
 
肩を温めようと熱いお湯につかるのは逆効果です。温度が熱いと交感神経が優位になり、ゆっくりと血流をよくする事が出来なくなります。 
39度程のお風呂にゆっくり浸かる事で全身の血流がよくなり、滞っていた部分にも行き渡るようになります。30分程ゆっくり浸かると上半身もじんわりと温まり、首まわりの血行もよくなります。
 
もし、ゆっくりとお風呂に浸かる事が難しい方は、洗面器等にお湯をはり「足湯」をする事をオススメ致します!入浴タイミングは、消化活動の妨げにならないよう食前がおすすめです!
 

【首の温め方♪】

火曜日, 12月 20th, 2016

皆様!こんにちは!
 
本日は首の温め方に関してお届け致します!
 
前回お届けしたように、首を温める事はとても大切です!
特に、就寝時は温める事で目覚めが変わります。首が寒い状態で眠ると無意識のうちに肩をすくめ力が入った形で寝ている事が多くあります。
 
そのようなときには、熟睡できなかったり首や肩に痛みを感じる事もあるでしょう。こんな事がおきないように、首にタオル等をまくだけでも翌朝の身体のコリ等に変化がでますよ!日常的に寒い時には「首」と名のつく部分を温めると良いと言われています。これは、寝ている時も一緒です。布団を首回りに掛けたくない方、首回りが空いている寝具を着ている方等は是非、一枚首に何かをまいてご就寝下さい♪

 

【髪の毛は乾かして眠りましょう♪】

月曜日, 12月 19th, 2016

 
皆様!こんにちは!
 
本日は髪の毛を乾かして眠るべき理由を「冷え」に重点を置いてお届け致します!
 
朝起きて疲れがとれていなかったり、頭痛がしているなんて事ありませんか?
そして・・肩こりが激しくなっている(><)これは首の冷えが原因の事多数です。
 
首には血管が沢山存在しており勿論リンパも!なので、首を冷やしてしまうと血液の流れが滞り身体の冷えに繋がります。
勿論、血流の滞りになるので顔色が良くなかったり、クスミの原因にも!
 
眠る事で身体がリセットされ疲れも取れるはずなのに、起きた時に疲れているなんて困ってしまいます。なので、寝ている時に首を温める事は血流をよくし顔色もよくなり目覚めすっきり!髪の毛を乾かさずに寝てしまうと首を冷やしてしまう事は勿論ですが、頭も冷してしまい頭痛の原因にもなるので、冷えが強くなる冬場は特によく乾かしてから眠りましょう!

【低体温の原因②】

金曜日, 12月 9th, 2016

皆様!こんにちは!
 
本日は低体温の原因その②をお届け致します!
 
現代は常にエアコンが隣り合わせです。その為とても快適に過ごす事が出来ます。
しかし、この快適さが人間の持つ体温調節機能を低下させている事も事実です。もちろん、夏場の暑すぎる日、冬場の寒い日にはエアコン等で調節する事は絶対に必要です。しかし、過剰になりすぎてしまうと体温調節が自身で行いづらくなるので、注意をしてください。
 
また、低体温の原因として運動量の低下も挙げられています。便利な世の中になっているので日常的な運動(階段の登降等)がすくなくなり、筋肉量が低下をしてきている事も一因のようです。
 
筋肉はエネルギーを燃やす為に必要な器官なので、減少する事で身体の代謝低下に繋がり体温も低くなるのです。
毎日すごしていく時を気にかけてみる事で低体温の予防につながる事が多々ございます!
寒いからすぐに暖房をつける、のではなく少し身体を動かして熱量を燃やしてみるのもよいですね♪
 

【低体温の原因①】

水曜日, 12月 7th, 2016

皆様!こんにちは!
 
本日は低体温の原因についてお届け致します!
 
人間が生きていく上で必要な熱を作り出すには・・・作り出す「燃料」が必要になります!
 
燃料とは、食物の事です!なので、日々摂取するものはとても大切になります!
食生活が乱れると、低体温の原因になります。
低体温が気になる方は日々の食生活の見直しが必要ですよ! 簡単なもので食事をすませてしまう方や、偏りがちな食事をされている方はご用心です!摂取する際に少し気にしてあげる事が出来る点をいくつかご紹介いたします!
 
甘いものを摂りたい時に、精製され白く色づけされたお砂糖よりも天然のままの色味(茶色)の砂糖を是非摂取してください。
 
そして、口に入れるものは出来るだけその季節の旬を摂取すると良いでしょう。時期のものは栄養価がとても高いです。夏野菜や冬の根菜等は、その季節によって変化するからだの為に適した状態のものがほとんどです。
人間の機能として体温を一定に保とうとする働きがあるので、その調整機能をきちんと働かせてあげる事も低体温の予防に繋がります!
 
是非、日々のお食事を見直し低体温の予防に努めましょう!